So-net無料ブログ作成

SEEDでも部分日食が見えました! [SEEDのある日/2009春夏秋冬]

今日、2009年7月22日(水)は、日本国内では46年ぶりといわれる皆既日食が見られる日。

驚いた事に・・・SEED TENNIS CLUBのテニスコートから部分日食が見れたんですよ!

DSC_0003-500.jpg

2009年 7月22日11時45分撮影

朝から、雲が多くて、諦めていました。ましてや関東では無理かな~って思っていましたし・・しかし、この通り。雲が瞬間的に切れて、数分間こんな「部分日食」が見れたんです。

P1110177-400.jpg望遠側に弱いコンデジで撮ったら、こんな感じにしか撮れなかったんですけどね(汗)。ちなみに最上の写真は、一眼デジカメ300mmで撮ったものです。申し訳ないですが、慌てていたので、もちろん手持ちです。

数分間は上の様な部分日食が見られました。感動でしたよ~。直接太陽を見るわけには行かなかったので、撮影にも神経使いました。観測や報道する皆様のご苦労を感じましたね~。

ここSEED TENNIS CLUBのある三郷市で見れたのは半分以下の部分日食ですから、当たりは普通に明るくて・・・・雲が薄くなった瞬間の出来事でした。

ご覧になった方、いらしたかしら?

今日はお天気がよくないから出足が遅かったので、この時点では会員の皆様もいらっしゃいませんでした。残念です~。よろしければ、このblogでぜひお楽しみ下さいね。

ウィキペディアによると・・・月の地球周回軌道および地球公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化する。月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食(total eclipse)という。逆の場合は月の外側に太陽がはみ出して細い光輪状に見え、これを金環日食(または金環食)(annular eclipse)と言う。皆既日食と金環日食、および後述の金環皆既日食を中心食と称する。

中心食では本影と金環食影が地球上に落ちて西から東に移動し、その範囲内で中心食が見られ、そこから外れた地域では半影に入り太陽が部分的に隠される部分日食が見られる。半影だけが地球にかかって、地上のどこからも部分食しか見られないこともある。

ということで、専門的には情報にお任せするとして、

この日、11時を過ぎたあたりから、テレビの生中継で各局大騒ぎ。テレビ画面に釘付けでした。やっぱり神秘ですね。現地での感性やため息が聞こえてくるのも実感でした。

以下に映像を撮影しつつ、瞬間を残しています。

P1110128-400.jpg沖縄の部分日食。11:12

そして、ついに皆既日食の映像。生中継というのがすごい。どんどん陽が落ちた雰囲気になって、皆既日食になった時点で、当たりは真っ暗闇の世界になってました。そして数分後に白み始め、明るい世界が再びやってきます。本当に、信じがたい時空間って感じでした。

P1110135-400.jpg中国・上海の皆既日食。11:38

P1110161-400.jpg硫黄島の皆既日食。11:43

普段は光球の輝きに妨げられて見ることができないコロナ紅炎(プロミネンス)の観測が出来たんですって。

丸い周りに放つ湯気の様なもの。P1110157-400.jpg

そして、プロミネンスも見えた映像がこちら。プロミネンス.jpg赤い炎の様なものが飛び出して見えました。この写真では判りにくいですが、右側円の外側の白く陰になった部分です。

P1110165-400.jpg

そして、硫黄島の場面で面白い映像が残せました。皆既日食の映像の後に、すぐ、次第に明るくなっていく映像に切り替わった瞬間です。皆既日食の残像が残ったままの写真が偶然にも撮れました。

 

テレビでは皆既日食も見れたし、人生で初めてこの目で見れた部分日食。

なんだか不思議な体験が出来た日でした。

SEED TENNIS CLUB  M.T.

 

 


タグ:皆既日食
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

にほんブログ村 テニスブログ テニス場・テニスクラブへ
にほんブログ村