So-net無料ブログ作成

デビスカップ(日本VSフィリピン) 直前強化合宿レポート【最終目】 [Seed News 2008]

去る1月30・31・2月1日・2日の4日間

東京北区の赤羽に出来たナショナルトレーニングセンターに於いて対フィリピン戦のデビスカップに向けた強化合宿が行われました。

SEED TENNIS CLUBの支配人兼スクールヘッドコーチである「佐藤 力」が、この合宿にお手伝いで参加しました。完全密着です。

実際に体験した生の声です!厳しい合宿模様と選手と共に分かち合った感動をお伝えできればと思います。中に含まれているメッセージをどうぞ感じてください。。。。。

尚、この合宿に参加中に佐藤が撮影した写真を関係者に許可を得た上で掲載しておりますが、転用や転載などはご遠慮いただきたいと思います。

       以下、本人の佐藤力によるレポートを一日目より綴っています

            これまでの記録はこちら↓です。

 一日目はこちら  二日目はこちら  三日目はこちら 最終四日目は本文

 

【合宿最終日(4日目)】・・・2月2日(土) 

ついに合宿最終日です。今日は試合感覚の練習がほとんどです。SEEDの森田コーチも来てくれて、球出しも手伝ってもらいました。お陰さまで私はボールボーイならぬ「ボールオッサン」で、球拾いに全力投入でした(笑)

今日は午前中でおしまいです。段々と合宿の終わりが近づいて来て、自然と胸にアツいモノがこみ上げてきました(ジーン)。

まだ一緒に同じ空気に触れていたい!とか、大変なトレーニングを良く頑張ってきたな!とか・・・・四日間の出来事や思いが頭をよぎります。

貴男選手が自分を追い込み若手の手本となり、ベテラン勢がムードをつくり若手が乗っていく・・・添田選手も期待されていく自覚を改めて胸に刻み込む・・・

私のかけがえのない貴重な四日間はこうして終わっていきました。選手・監督・コーチ他スタッフが勢ぞろい。

私も入れてもらいました・・・

そして、代表には岩渕選手・貴男選手・添田選手・杉田選手が選ばれました。

この素晴らしい名誉ある機会を与えてくださった鈴木貴男選手と気遣いのあっちゃんに、そして、いろいろお話を伺わせて頂いた竹内監督や増田コーチ、選手その他のスタッフの皆さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

本当に有難うございました。

そして・・・・留守をしっかりと守ってくれたSEEDのコーチ陣にも、ありがとう。

この貴重でかつ意義のあった経験を、SEED TENNIS CLUBのシードテニススクールにおいても大いに生かし、スクール生の皆様ひとりひとりにいろんな形で反映させ、還元していきたいと思っております。

                 シードテニスクラブ支配人   佐藤 力

 

〈後記〉

 この強化合宿の効果がテキメンか!? 結果が出ました。

デビスカップ <日本VSフィリピン>一日目  2月8日(金)atマニラ

添田選手 6-1 4-6 6-2 2-6 6-4 ティエロ選手

ティエロ選手には世界ランキングこそ無いが、それは環境が整っていないだけで実力はある選手です。更に地元の声援と失うものは無い開き直った渾身のプレーで添田選手を受身にさせた。だが大きな舞台での経験の差が勝敗を分ける形となった。

貴男選手 7-5 7-6(4) 2-6 6-2 マミート選手

同じ年のマミート選手とは今まで1勝1敗のイーブン。最近はランキングが落ちているとはいえ危険な相手です。ですが貴男選手はサービスキープをしっかり行い、最後に突き放す得意のパターンで1,2セットを連取します。だが3セット目にトーンダウンし2ブレイクを許します。そこで3セット目後半はエネルギーを溜めて次の4セット目に勝負をかけることに。作戦は見事に決まりマミート選手を破りました。

これで日本は2-0で大手をかけました。次(翌日)のダブルスに勝てばチームは2回戦進出です。

 

デビスカップ <日本VSフィリピン>二日目  2月9日(土)atマニラ

貴男・添田組 6-7(5) 7-6(8) 7-6(5) 6-4 マミート・タイノ選手

当初は貴男・岩渕組の日本のゴールデンコンビでの予定でしたが、岩渕選手が腰痛のため急遽添田選手がデ杯ダブルスの初登場となりました。

試合はもつれにもつれ・・・3時間37分にも及びました。貴男選手のサービスゲームは磐石でしたが、他の3選手はまさにギリギリのキープでした。

デ杯初ダブルスの添田選手はリターンが良く、日本が2回戦進出を決める試合で大きく貢献しました。スコアが物語っていますが、二人とも精神的にキツかったと述べています。

これで、日本は3-0とし、2回戦へ進出が決定しました。

 

デビスカップ <日本VSフィリピン>三日目  2月10日(日)atマニラ

添田選手   6-3  6-2   アルシア選手

この日からは3セットマッチになります。勝負は決した! 消化試合になるがダレることなく「展開を速くする」という課題を持って挑んだ添田選手が良いパフォーマンスを見せて勝利をあげました。

杉田選手   6-2  6-3   タイノ選手

貴男選手の代わりに杉田選手が登場・タイノ選手は元122位の実力者。杉田にとっては腕試しにはもってこいの相手だ。結果はフォアハンドの強烈な連続攻撃にタイノ選手が屈服した形に。杉田選手自身、「合宿からフォアの調子が上がっていった」という。まさに合宿の成果ともいうべき結果に、今後ますます自信を深めてプレーしていくことでしょう。これを機にベテランを脅かす存在に、そして近い将来の日本を背負って立つプレーヤーに成長して欲しいです。

            こうして、日本チームは5連勝!! 

今回の代表メンバーは2月3日早朝に日本を発ちました。そう、あの雪の日です。寒い日本からいきなり灼熱のマニラに行き、どれほど調整が難しかった事でしょう。

ですが、選手たちは素晴らしい結果をもたらしてくれました。合宿四日間のみならず日頃の精進の賜物でしょう。

私も今回のデ杯はいつもに増して思い入れの深いものとしてライブスコアーにかぶりついておりました。フィリピンの選手も地元の声援を得て素晴らしいプレーを見せたのでしょう。会場での声援や、遠くに居ても応援を送ることで選手にはものすごいチカラになるのです。

近い話ではオリンピック選考予選でのハンドボールなど、あまりルールやプレイヤーを知らなくてもアツくなれたと思います。選手もアツくなれるのです。

これを機に、知らなくてもプレイヤーの試合を会場で観戦したり、TVで観たりする機会を皆さんも増やしてみてください。良い刺激を受け、きっとあなたのプレーにも変化があるでしょうから。

 さて、2008デ杯、日本はこの勝利で2回戦に進出となり、インドと闘います。またアウェーのインドで・・・しかも芝のコートを選んでくると予想されます。日本代表がどんな調整をし、どんな試合を見せるのか今から楽しみです。

あと、誰が代表の座を射止めるのか・・・・・!   乞うご期待です!

 

最後になりましたが・・・記念写真を撮らせていただきました。

竹内監督、ありがとうございました。

 

増田コーチ、いろいろお世話になりました。

                 

        完・・・ながながご覧頂きまして有難うございます。

     SEEDのHP本文上にも、この後ご報告ページをUPする予定です。

 

          SEED:http://www.seed-tc.co.jp

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

にほんブログ村 テニスブログ テニス場・テニスクラブへ
にほんブログ村